久保裕也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は30日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 現在は海外組のみでトレーニングを行っている。シーズン終了直後とあって久保裕也は「きつい」と話したが、「僕以外の選手もみんなこなしているので、ポジティブには捉えている」と、しっかりメニューに取り組んでいる。

 ハリルジャパンでは右サイドのアタッカーとして活躍。このポジションには本田圭佑もいるが、『ライバル』という視点では見ていないようだ。

「僕は僕でチャンスをもらえた時に自分のプレーをするだけ。それがチームの結果として出れば一番いいので、特に意識することなく自分のプレーをやりたいと思う」

 本田が競争相手であることは間違いないが、久保は自分の特徴を活かしてチームに貢献することを第一に考えている。「得点につながるプレーをするように心がけてやっていきたい」と話すが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が求めるものと同じだろう。

 体力的にハードではあるがコンディションを調整し、試合で結果を残したいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部