岡崎慎司【写真:田中伸弥】

写真拡大

 日本代表は30日、シリア代表との親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。

 岡崎慎司は今シーズン、所属するレスターでリーグ戦3得点にとどまるなど悔しい日々を過ごした。それでも、「自分が出たことによってチームを変えられるという、細かいピースかもしれないけど、そういう役目ができるという自信にはなった」とポジティブな要素もあったと話す。

 レスターは途中で監督が代わるなど混乱した時期もあったが、その中でも岡崎には得るものがあった。

「もちろん得点を取ることは1つの目標だけど、それ以外の部分での自信も今シーズンはあった」

 自分にできることは何か。それを考えながら過ごしたからこそ、悔しさの中にも前向きになれるものがあるのだろう。「やっぱりコツコツやっていくしか自分には方法がない。それがどれだけ大事なことかってことはわかっている。理想を掲げることは誰でもできるけど、やり続けるってことはなかなかできないことだと思う」と語る。また、他競技のアスリートに目を向け、気持ちの維持についても述べている。

「宮里藍さんや浅田真央さんが辞めていくのを見ると、モチベーションっていうのがアスリートにとって本当に大事。世界一になった人の気持ちはわからないけど、自分はなっていないから『満足できない部分』でモチベーションを保てているところがあるのかもしれない」

 岡崎は今シーズンの結果に決して納得はしていないだろう。しかし、「満足できない部分」を糧にさらなる飛躍を目指す。それは自身にとってはもちろん、日本代表にとっても重要なことだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部