上戸彩にぶちまけられたい…

写真拡大

 女優の上戸彩が30日、都内で行われた映画『昼顔』女性限定特別試写会に斎藤工、サプライズゲストの吉瀬美智子と登壇し、「昼顔」願望をのぞかせる衝撃発言で斎藤を驚かせた。

 本作は平日昼間に夫以外の男性と恋に落ち、人生を狂わせてしまう主婦“昼顔妻”たちの姿を描き人気を博した連続ドラマの劇場版。不倫騒動から3年後、別々の町で暮らすも運命のイタズラか再び巡り合ってしまった笹本紗和(上戸)と北野裕一郎(斎藤)の禁断の恋の行方が映し出される。

 この日のイベントでは「昼顔愛の依存度診断」が実施され、斎藤は「スイッチオンで暴走特急/愛の依存度40%」、吉瀬は「引っ込み思案な冬眠中の熊さん/10%」、上戸は「自分本位で貪欲な愛のハンター/90%」という診断結果となった。上戸は「当たってるのかなぁ」と首をかしげるが、吉瀬の結果の総評の中にあった「時には凶暴なまでに愛をぶちまける」という言葉が引っかかったようで、「愛をぶちまけるってかっこいいですね。そういう愛に出会ってみたい」と漏らし、斎藤を「えっ!?」とびっくりさせた。

 ぶっちゃけコメントはそれだけにとどまらす、斎藤の印象を「変態です。サラッと爽やか変態」と笑顔で話す上戸。「セクシー俳優」に次ぐ新しいキャッチコピーをもらった斎藤は、「いいですね。両極のものが合わさった新しいジャンルを切り開いていきたいと思います。よろしくお願いします」と意気込み、笑いをさらっていた。(取材/錦怜那)

映画『昼顔』は6月10日より全国公開