平野美宇

写真拡大

29日より、ドイツ・デュッセルドルフを舞台に「2017世界卓球選手権」が開幕する。

注目は、なんと言っても今年アジア選手権と全日本選手権を制した17歳、平野美宇だろう。アジア選手権では、世界ランキング1位の丁寧をはじめ、朱雨玲、陳夢と強豪中国勢を次々に撃破。世界トップレベルの選手達を相手に、番狂わせを続けたことから一躍世界に名を轟かせた。

すると、28日、テレビ東京「SPORTSウォッチャー」では、「平野美宇×又吉直樹 アジア女王から世界女王へ」と題し、世界卓球に臨む平野のインタビューを放送した。

まずは昨今の快進撃について、「自分から攻めて攻撃する卓球に変わりました」という平野。早いピッチで攻め続ける彼女の新たなスタイルについて、聞き手を務める又吉が「プレースタイルを変えて不安もある?」と質問。平野は「昔はありました。変えたばかりの頃は失敗したら取り柄がなくなっちゃうというか。やっぱり前の方がいいのかなと思ってたんですけど、それが成果に表れているので変えてよかった」と笑顔を見せた。

また、「これだけ中国選手を倒せたので、完全なる1位になりたい」と貪欲に意気込む平野は、「まだ17歳なのでもっと上を目指したい」とも――。世界卓球に向けプレッシャーの程を訊かれても、「なかなかこういう期待をしてもらえる人っていないので嬉しい」とアッサリ。天真爛漫な17歳は「日本とアジアでチャンピオンになれたので、世界でもチャンピオンになりたい。全力でやって世界選手権に臨んで優勝できるように頑張りたい」と言葉を続けた。