ユ・ヨンソク、牛乳広報大使に任命される「子供の頃から牛乳が大好き」

写真拡大

俳優ユ・ヨンソクが牛乳広報大使に任命された。

本日(30日)、所属事務所キングコングby STARSHIPによると、ユ・ヨンソクは牛乳自助金管理委員会から、韓牛広報大使に任命された。

今回の広報大使委嘱式は27日、ソウル市陽川(ヤンチョン) 公園の「2017 牛乳の日&韓国産チーズフェスティバル」にて開催された。

所属事務所側が公開した写真で、ユ・ヨンソクは青いスーツを着て端正な服装でステージの上に立っている。彼は、牛乳自助金管理委員のイ・スンホ委員長から牛乳広報大使の委嘱杯を受け、特有の柔らかく明るい微笑みを見せている。

この日委嘱杯をもらったユ・ヨンソクは「普段から牛乳を良く飲んでいる。子供のころから牛乳がとても好きだった。今日、このように牛乳の日のイベントに参加し、広報大使に任命されたので、健康で新鮮な韓牛の牛乳をより多くの方々に飲んでいただけるように、僕も一生懸命活動したい」と感想を述べた。

牛乳自助金管理委員会は、国連食料農業機構(FAO) が、2011年に制定した6月1日世界牛乳の日を迎え、ユ・ヨンソクを牛乳広報大使に任命し、牛乳に対する消費者の関心誘導、また停滞している牛乳消費を促進し、韓国の酪農産業に新たな活力と活気を吹き込むものと期待している。

一方、ユ・ヨンソクは次期作を検討中だ。