古閑美保

写真拡大 (全2枚)

女子プロゴルファーの古閑美保が30日、東京・赤坂のWOWOW本社で会見を開き、メジャー第2戦「全米女子プロ選手権」の中継を行う同局・現地レポーターに抜擢されたことを発表。そこでは、引退会見を行ったばかりの宮里藍について言及も。「私も見ていました。(今季の残り試合)私が藍ちゃんに期待するものがあります」と心の内を明かした。

「心が変わって、チャンスになる」と予測した古閑。「ここ4、5年の間、悩んでいたパットの部分は、繊細さが欠けていたところでしょう。それはメンタルな部分も及ぶところ。選手を辞める決断をしてからは吹っ切れて、プレーが変わるはず」と説明した。

「彼女の一番いいパット、ショートゲームが活かされてきて、特にプレー全体の力が求められるメジャー大会のセッティングにおいては、もう一度、全てが噛み合うプレーが見られることを期待しています。私は(ゾーンに)入った藍ちゃんを知っています」とエールを送った。

古閑が現役を退いたのは、2011年のこと。「私と藍ちゃんでは、背負っているものに違いがあり過ぎるので…」と前置きしながら、現役時代を振り返った。

「私の場合は、発表がずれこんで(シーズン終盤に入っての)9月でした。ファンの人から『知らないうちにフェードアウトしないで』って言われていて…。私の場合は、囲み取材の場所でしたが、やっぱり、きちんと知らせて良かったです。なんせ、人に感謝できるようになりました。色んな人の大事さに気づいたからです」と本音を語り、笑わせた。

会見の最後には、「全米女子プロ選手権」で生中継を行う現地レポーターを任された心境を語った。

「私は、米国本土での選手経験や解説の仕事をしたことが無いので、不安があります。なので、プレッシャーを感じてます。でも、プレッシャーがあるからこそ、モチベーションも沸いてます」と目を輝かせた。

「海外の風は変わりやすいと思っていて、ちょっと軽く感じる風と重い風の違いを判別したい。その他に、芝の感じ方もそうです。フェアウェイでも、ボールが浮かぶ洋芝やスピンが掛かりやすい沈む芝もあったりします。そういう感覚的なものも掴んでレポートしていきたいですね」と意気込んでいた。

WOWOWでは、「全米女子プロゴルフ選手権 KPMG女子PGA選手権」を連日生中継。

第1日は、WOWOWプライムで6月29日・深夜1時15分から放送。第2日は、30日・深夜1時半からWOWOWライブで放送。なお、その2日間は、無料放送が決定している。

▼ 古閑美保

WOWOWが生中継。「全米女子プロゴルフ選手権」で現地リポーターを務める