画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは30日、USB Type-Cを搭載するPCに接続して使用するドッキングステーション(3モデル)を発表した。6月中旬から発売する。価格は全モデル13,320円(税込)。

○DST-C02BK

「DST-C02BK」の出力インタフェースは、HDMI出力×1基、 Gigabit Ethernet対応有線LAN×1基、USB 3.0×1基。充電専用のUSB Type-Cポートを装備し、最大60Wの電力供給が可能な「Power Delivery」に対応する。USBポートはUSB 3.1 Gen1に対応し、HDMI出力は最大4K/30Hzだ。

本体は樹脂素材を採用した小型軽量タイプで、USB Type-Cケーブルは直付け。ケーブル長は約15cm。本体サイズはW80×D15×H40mm、重量は約40g。対応OSはWindows 7 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.12以降。

○DST-C03BK

「DST-C03BK」は、D-sub×1基、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1基、USB 3.0×1基を増設できるモデル。D-sub出力は1,920×1,080ドット/60Hzに対応する。本体サイズはW96×D16.5×H40mm、重量は約50g。その他の仕様は「DST-C02BK」とほぼ共通。

○DST-C04WH

「DST-C04WH」は、DVI×1基、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1基、USB 3.0×1基を増設できるモデル。DVI出力は1,920×1,080ドット/60Hzに対応する。その他の仕様は「DST-C03BK」とほぼ共通。