鹿島が広州に第2戦勝利も…ACL16強で無念の敗退 後半に落とし穴、アウェーゴール差で涙

写真拡大

敵地での第1戦は0-1で広州に敗戦、鹿島は第1戦からスタメン4人を入れ替え臨む

 鹿島アントラーズのアジアでの戦いはベスト16で幕を閉じた。

 30日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦の第2戦で広州恒大(中国)と対戦した鹿島は2-1で勝利して2戦合計2-2となったが、アウェーゴール数の差で敗退となった。

 広州のホームに乗り込んだ第1戦では、ブラジル代表MFパウリーニョの決勝ゴールで0-1敗戦。第2戦をホームで迎えた鹿島は、引き分け以下なら敗退、1-0勝利なら延長戦、1失点以上した場合は2点差での勝利が必要となる状況下で臨んだ。

 鹿島は第1戦からスタメンを4人入れ替え、FWにはペドロ・ジュニオールと鈴木優磨を起用。前半からその2トップが迫力ある攻撃で広州ゴールに迫った。前半25分にはゴール前でフリーになった鈴木がインサイドで丁寧にゴール右を狙ったシュートを放ったが、わずかに枠を逸れた。

 すると同28分には、ペドロ・ジュニオールが大仕事を見せる。ハーフウェーライン付近で相手のスライディングタックルをかわしてボールをキープすると一気にドリブル開始。左サイドから右サイド方向へとスラロームし、相手DFからラフなタックルを見舞われて上体を崩しながらも突進。ペナルティーエリア外側約25メートルの位置で右足を一閃すると、強烈な弾道のシュートはGKの手が届かないゴール左上隅に決まった。

 豪快ミドル弾で先制した鹿島はその後もチャンスを作ったが追加点は奪えず、2戦合計スコア1-1でハーフタイムを迎えた。

途中出場の金崎が決勝弾を決めるも…

 勝ち越しゴールを目指して後半をスタートした鹿島に落とし穴が待っていた。後半10分、右サイドからのロングスローをニアサイドのヘディングで中央につながれると、FWアランにシュートを許した。これはゴールポストに当たって跳ね返ったが、詰めていたMFパウリーニョに押し込む。第1戦の決勝ゴールに続き、パウリーニョの2試合連続ゴールはアウェーゴールとなり、鹿島の突破には2点の追加が必要な状況になった。

 石井正忠監督は同15分にFW金崎夢生を投入。前線を厚くする勝負に出た。しかし、鹿島はボール保持率こそ高まったものの中央に集まる攻撃は広州の最終ラインをなかなか突破できなかった。それでも、後半アディショナルタイムに右サイドからつないだ攻撃から金崎が右足アウトサイドでシュートを決め2-1とし、突破まであと1点と迫った。

 最後まで攻めた鹿島だが追加点とはならずにタイムアップを迎え、広州の勝ち抜けが決まった。2011年以来となるACL16強入りを果たした鹿島は、08年以来となるベスト8を目指したものの敗退。昨年末にFIFAクラブワールドカップで決勝進出を果たした鹿島だったが、今季はその舞台に立つ道のり半ばで涙を呑んだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images