画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイ・ジャパンは30日、約9.6インチタブレットのエントリーモデル「HUAWEI MediaPad T3 10」を発表した。6月9日より発売する。推定市場価格(税別)は、Wi-Fiモデルが18,800円、LTEモデルが22,800円。

MediaPad T3 10は、コストパフォーマンスに優れる「T」シリーズの最新モデルだ。きょう体に航空機グレードのアルミニウム合金を採用。厚さが約7.95mmに抑えられており、手に馴染みやすいデザインとなっている。

ソフト面ではMicrosoft Office Mobileを標準で搭載。各種ドキュメントの閲覧や簡易的な編集が可能になっている。端末の機能として、アプリの起動ロックや、重要な書類などへの不正アクセスを防止できるファイルの暗号化に対応する。

OSはAndroid 7.0を搭載。独自のEmotion UI 5.1と合わせて、ストレスのない操作感を実現するという。「キッズモード」では、Webサイトや指定したアプリへのアクセスを制限可能。主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.0

サイズ: 約229.8×7.95×159.8mm

重量: 約460g

CPU: Qualcomm MSM8917 クアッドコア(1.4GHz×4)

メモリ: 2GB

ストレージ: 16GB

外部ストレージ: maicroSDメモリーカード(128GB)

ディスプレイ: 約9.6インチ、IPS

解像度: 1,280×800ドット

バッテリー容量: 4,800mAh

メインカメラ: 500万画素

インカメラ: 200万画素

FDD-LTE (LTEモデル): B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20

TDD-LTE (LTEモデル): B38/B39/B40/B41

W-CDMA (LTEモデル): B1/B2/B5/B6/B8/B19

GSM (LTEモデル): B2/B3/B5/B8

最大通信速度 (LTEモデル): 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

SIMカード: nanoSIM

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth: 4.1

センサー: 加速度

カラー: スペースグレイ