川崎フロンターレの小林悠【写真:Getty Images】

写真拡大

【川崎フロンターレ 4-1 ムアントン・ユナイテッド ACL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦2ndレグが30日に行われ、川崎フロンターレはタイのムアントン・ユナイテッドとホームで対戦した。

 アウェイでの1stレグでは先制を許した川崎Fだが、後半に3点を奪って3-1の逆転勝利。8強進出に向けて優位なスコアで折り返すことに成功していた。

 ホームに戻って迎えた2ndレグでは31分、川崎Fに先制点が生まれる。登里からのパスをペナルティーエリア手前で受けた小林が切り返しで相手DFをかわし、1stレグに続いての2試合連続ゴールを叩き込んだ。

 さらにそのわずか1分後、右サイドに抜け出した小林がクロスを入れると長谷川が合わせて2点目のゴール。40分にもショートコーナーから、中村憲剛の上げたクロスにエドゥアルド・ネットがヘディングで合わせてリードを3点に広げた。

 後半にも交代出場のハイネルがさらに1点を加えて4-0。終了間際には1点を返されたが、2試合合計スコアは7-2で終了し、川崎Fが危なげなく8年ぶりの準々決勝進出を決めた。

【得点者】
31分 1-0 小林悠(川崎F)
32分 2-0 長谷川竜也(川崎F)
40分 3-0 エドゥアルド・ネット(川崎F)
79分 4-0 ハイネル(川崎F)
89分 4-1 ティーラシル(ムアントン)

text by 編集部