デンマークの首都コペンハーゲンで、赤い塗料をかけられた人魚姫の像(2017年5月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】デンマークの首都コペンハーゲン(Copenhagen)で30日、同市の象徴的存在で、「リトルマーメイド(Little Mermaid)」の愛称で知られる人魚姫の像が、反捕鯨を訴える活動家とみられる人物らによって赤いスプレーを吹きかけられた。警察当局が明らかにした。

 加えて、海岸沿いに設置されている像の前の歩道には、スプレーで「ダンマーク(Danmark、原文ママ)よ、フェロー諸島(Faroe Islands)のクジラを守れ」という、当局に向けたとみられるメッセージも残されていた。

 地元の警察当局はツイッター(Twitter)で事件を認め、「リトルマーメイドは破壊行為の標的とされた。当局は捜査を進めている」と投稿した。

 北大西洋に位置し、デンマークの自治領であるフェロー諸島には、主にゴンドウクジラを入り江やフィヨルドに追い込み、刃物で仕留める伝統がある。

 ブロンズ製の人魚姫の像はデンマークの童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)のおとぎ話「人魚姫」にちなみ、設置された。
【翻訳編集】AFPBB News