鹿島のP・ジュニオールが衝撃ゴラッソ! ACL広州恒大の守備陣切り裂き圧巻ミドル弾

写真拡大

相手DFのタックルをかわし、鋭いドリブルから右足を一閃

 鹿島アントラーズのFWペドロ・ジュニオールが、30日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、第2戦の広州恒大(中国)戦で衝撃的なゴラッソを叩き込んだ。

 初戦に0-1で敗れ、ホームでの第2戦で逆転を狙う鹿島に待望の先制点が生まれたのは前半28分だった。ハーフウェーライン付近で相手のスライディングタックルをかわしてボールをキープしたペドロ・ジュニオールは、一気にドリブルを開始。左サイドから右サイド方向へとスラロームしていくと、相手DFからラフなタックルを見舞われて上体を崩しながらも突進し、ペナルティーエリア外側の約25メートルの位置で右足を一閃。強烈な弾道のシュートが、GKのセーブが及ばないゴール左上スミに決まった。

 “爆買い”で知られ、ブラジル代表MFパウリーニョらが所属する広州恒大を前に、日本の複数クラブを渡り歩いてきたブラジル人助っ人が意地を見せた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images