出典:https://www.shutterstock.com

手相とは、手に刻まれている線とその場所によって、運勢を占う方法。中にはもちろん珍しい幸運な相もあります。なかなかお目にかかれないような強運から、周囲の助けで幸せになれるものまでさまざま。


出典:Nosh

そこで今回は、“あると幸せになれる”レア手相をご紹介します。

 

■1:「トップ相」…手首から中指の付け根に運命線が一直線

手首を起点とした運命線が、中指の付け根まで一直線に伸びるのは、とても強運に恵まれた相だと言えます。運気も性格も強いため“天下筋”と呼ばれる手相だとされます。この相の持ち主は、目的を強引に達成して出世街道をまっしぐらに突き進むことが可能に。ただし、強すぎる性格から敵を作ってしまうことも多く、それがトラブルになることも。周囲に気を配ることができれば、まさに“鬼に金棒”でしょう。

 

■2:「引き立て相」…月丘から運命線が出ている

運命線が月丘(手のひらの外側下部)から伸びている手相は、周囲からの援助や協力が得られる有難い運勢の持ち主。特に目上の人に引き立てられたり、人気になって幸せが訪れると言えます。もしもこの手相が刻まれている場合は、芸能関係やサービス業の職種に就いてみることをおススメします。そうすることで、有力者の支援を得て大成功を収める可能性も!

 

■3:「注目相」…中指と薬指の間に運命線が向かっている

中指と薬指の間に向かって伸びる運命線は、努力や才能を認められて世間で注目を浴びることを示していると言えます。性格的にも明るく健全なので、周囲からも愛され人気があるでしょう。その性格が才能を発揮する助けになってくれるようです。ただし、やや目立ちたがりな性格なので、散財してしまうのが玉にキズかも。お金を上手に使えるようになれば、さらに才能を開花させられそう。

 

■4:「実力相」…月丘と生命線の2カ所から運命線が伸びる

運命線はたいてい1本であることが多いのですが、2、3本刻まれていることもあります。ほとんどの場合、起点や長さ、勢いがまちまちなのですが、一番長くて勢いがあるものを最も重要な運命線とみなします。その線が月丘から伸び、もう一本が生命線の中央から出ている人は、仕事や勉学に一生懸命。そしてめきめきと実力を伸ばして、華やかな人気と名誉を勝ち取れるでしょう。

 

いかがだったでしょう。あなたの手には幸せな相が刻まれていましたか? 運命線に着目することで、あなたの持つ人生や才能を知ることが可能だと言えます。他の人たちにないような、幸運相を持っているというだけで何だかワクワクしてしまいますよね。もちろん、それを眠らせたままにせず、活かして伸ばすことも大切ですけどね。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ 1枚目: Look Studio/shutterstock

※ 2枚目:(c)Nosh

【関連記事】

※ 婚期がわかる【ゴールイン手相】健康線が一文字にハッキリ刻まれているのは…

※ 2017年最強運の手相Best4!手のひらにM字があれば夢のような成功が…

※ いい男度がわかる手相Best4!感情線の小指と薬指の間に3つ「島」があると…

※ 金運に恵まれる手相Best4!知能線が薬指で感情線に届くのは玉の輿の相

※ 「ダメ男」の手相Best4!上向きに複数出ている結婚線はサゲチン男子