ソルリからイ・ソンミンまで「リアル」豪華すぎる助演キャストが話題…それぞれ衝撃的なイメージチェンジを予告

写真拡大 (全2枚)

2017年、新しいアクションノワールの誕生を予告した映画「リアル」に、特別な存在感を持った俳優たちが出演し、話題を集めている。

映画「リアル」は、アジア最大規模のカジノをめぐる2人の男の、巨大な秘密と陰謀を描いたアクションノワール映画である。キム・スヒョンの4年ぶりの復帰作で、彼が初めて一人二役に挑戦し、反響を呼んでいる。ここにソン・ドンイルからイ・ソンミン、f(x) 出身のソルリ、チョ・ウジンまで、全てのシーンで強烈な存在感を発揮する助演俳優らの出演で関心を集める。

最近映画とドラマで様々な魅力を見せているソン・ドンイルが、チャン・テヨン(キム・スヒョン) のカジノを狙うライバル チョ・ウォングンに扮し、衝撃的な悪役演技を披露する。多数の映画やドラマで幅広い演技を見せてくれたソン・ドンイルは、今回の「リアル」で主人公のチャン・テヨンと強く対立する人物に扮し、ストーリーの緊張感をさらに高める予定だ。

これにドラマ「ミセン-未生-」から最近「保安官」まで様々なジャンルの作品に出演し、様々なキャラクターで観客の心を掴んだイ・ソンミンが、神経精神科博士チェ・ジンキに扮し、主人公チャン・テヨンの心理変化に重要な影響を及ぼす役割を果たす。イ・ソンミンは最近「保安官」で見せてくれたホダン(しっかりしているように見えてどこか抜けている人) でコミカルな姿を切り捨て、冷静で強烈なキャラクターにイメージチェンジを図る。

演技者兼歌手として精力的に活動してきたソルリは、病院のリハビリ治療師ソン・ユファ役に扮し、チャン・テヨンの治療を担当する。「ファッション王」以来3年ぶりに映画に復帰した彼女は、より一層成熟した演技力を予告し、新しい魅力をアピールする予定だ。

そして映画「内部者たち」や、ドラマ「鬼」など様々な作品を通じて、毎回異なる魅力で存在感を誇ったチョ・ウジンが、VIP顧客専門弁護士サ・ドジン役に扮し、お金のためなら何でも処理する冷徹な姿で観客を魅了する見通しだ。最近、ドラマ「シカゴ・タイプライター」と映画「保安官」を通じて、自然な演技を披露した彼が、今回は真剣な姿でキム・スヒョンと阿吽の呼吸を披露し、ドラマをさらに面白くすると見られる。

このように今回の作品を通じて、新しい姿を見せる名俳優らの共演で関心が高まっている映画「リアル」は、観客の期待を高め、大反響を呼ぶと期待される。4年ぶりに映画復帰するキム・スヒョンはもちろん、ソン・ドンイル、イ・ソンミン、ソルリ、チョ・ウジンなど様々な助演が加わり、アクション・ノワールの完成度を高めた映画「リアル」は韓国で6月末に公開される予定だ。