ドイツ・ヘッセン州シュミッテンアルノルトシュハインに滞在するチョン・ユラ容疑者(右、2016年6月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領を退陣に追い込んだ国政介入疑惑の中心人物である崔順実(チェ・スンシル、Choi Soon-Sil)被告の娘、チョン・ユラ(Chung Yoo-Ra)容疑者(20)が31日、拘束されているデンマークから送還される見込みであることが分かった。当局が明らかにした。

 韓国法務省報道官によると、同省はチョン・ユラ容疑者の帰国に同行するために29日、5人の職員をデンマークに派遣した。同容疑者は仁川(Incheon)の空港に到着した後、「速やかに収監される」と報道官は語った。

 韓国当局が尋問のためチョン・ユラ容疑者の拘束を目指す一方、同容疑者は送還に抵抗し控訴していたが、デンマークの裁判所は先週、同容疑者が控訴を取り下げたと発表していた。

 チョン・ユラ容疑者は、欧州滞在中のぜいたくな暮らしや乗馬訓練の資金提供を受けるなど、韓国最大の財閥サムスン(Samsung)による賄賂の受益者だった疑いがもたれている。

 報道によると崔被告は29日の公判中、娘の送還が迫っているという知らせに怒りをあらわにし、検察官らに向かって「私の娘を脅迫するな」と叫んだ。さらに「私にやったように、机を叩いて娘を脅すつもりか?」とも述べたと、中央日報(Joongang Ilbo)は報じた。

 朴前大統領と崔被告にはサムスンを含む複数の財閥から巨額の賄賂を受け取った疑いがもたれており、両者ともすでに裁判にかけられている。
【翻訳編集】AFPBB News