image: Mugendai(無限大)


メンタルヘルス対策が変わるかな。

過労やストレスなどを理由に発症する、うつ病。体のケガと異なり見えにくい分、いまだ誤解の多い病気でもあります。

うつ病に誤解が多いのは、その診断の難しさもあるのかもしれません。もちろん知識豊富な熟練の医師が行なうとはいえ、うつ病の診断は基本的に問診。これが、ケガや病気のように目で見てわかれば、「うつ病は甘えだ!」なんて言う人を説得できそうなのですが…。

そんなうつ病の客観的な診断に尽力しているのが、川村総合診療院の川村則行理事長。IBMのWebメディアMugendai(無限大)に掲載されていたのは、何と血液検査によってうつ病を診断する画期的な試みです。


170523_mugendai_2.jpg
image: Mugendai(無限大)


川村さんが取り組んでいるのが、血中の「PEA(リン酸、エタノール、アミンが結合した分子)」という物質の濃度からうつ病を診断する方法。

臨床研究では、健常者以外に、症状の程度で14種類に分類されたうつ病患者の血液を採取。実際にPEAの濃度を調べたところ、うつ病に罹患している患者のPEA濃度は明らかに低く、9割以上の精度で「うつ病」と診断できるとのことです。

関連する論文をまとめれば、年内にはいったん完成するというこちらの臨床研究。もう今すぐにでも実用化して欲しい!って感じがしますが、そう簡単にはいかないようです。

最も大きなハードルは、血液検査にかかる費用。今回の実験で使われた精密な質量分析計を利用すると、どうしても高額になってしまうんですって。そのため、何とか安価な方法を実現できないかと模索している川村さん。医療保険の適用範囲内になることも目指しているそうですよ。


170523_mugendai_4.jpg
image: Mugendai(無限大)


他にも、大学時代には出家も考えた話や、うつ病になりやすい労働時間、気分転換の重要さなど、盛りだくさんのロングインタビューは、Mugendai(無限大)からぜひ続きをお楽しみください。


source: Mugendai(無限大)

(渡邊徹則)