29日、米ブルームバーグ通信によると、中国では美容整形ブームの高まりを受け、不動産開発大手が整形業界への投資を拡大している。写真は韓国の整形広告。

写真拡大

2017年5月29日、米ブルームバーグ通信によると、中国では美容整形ブームの高まりを受け、不動産開発大手が整形業界への投資を拡大している。参考消息網が伝えた。

中国天津市の天津港の近くに、宮殿のような「アジア一流美容整形医院」がそびえている。同医院は病室100室を備え、韓国から呼び寄せた医師が、中国人向けに鼻を高くする手術、目を二重まぶたにする手術などを行っている。運営するのは中国最大の不動産開発企業、中国恒大集団。同社は「美容整形業界を有望な投資先」と判断したのだ。

中国では長期的な不動産市場の景気減速に伴い、大連万達のような大手から、福州泰禾集団のような小規模開発業者まで、不動産企業の美容業界投資が拡大している。大連万達は現在、美容整形医院13カ所に計850億元(約1兆3800億円)を投資する計画。うち30カ所は四川省成都市の医療特区にある。南京の不動産開発企業、蘇寧環球も主要事業を美容整形医院経営に変更。上海の整形医院を買収するなど投資を拡大している。

中国の不動産アナリストによると、不動産企業は美容整形業界が今後、不動産より利益率の高い有望事業になると予測。しかし、医院経営自体の投資回収率は低いため、今は「短期的、試験的に投資し、利益が回収できるか様子をみている」時期という。(翻訳・編集/大宮)