「むやみに切なく」とは、ただひたすらに“男が女を愛する物語”― 鑑賞コラム

写真拡大 (全8枚)

脚本家イ・ギョンヒが生み出す「悪い」男たちの魅力

「最低野郎…」
主人公ジュニョン(キム・ウビン) に、ヒロインのウル(スジ) は、たびたびこう言います。「最低野郎」…要は、「悪い男」っていうことです。そして、断っておきますが、「悪い男」と「ダメな男」は違います。ジュニョンは、ダメな男ではなく、悪い男、です。韓国ドラマにおいて、それは大概、「悪い男に見えるけれど、ものすごく温かで、ものすごくいい男」を指し、そんな「悪い男」ばかりをひたすら書き続けているのが、本作『むやみに切なく』の脚本を手がけたイ・ギョンヒです。

イ・ギョンヒが生み出した「悪い男」の代表格は、『ごめん、愛してる』のムヒョクでしょう。荒々しいけれど、心の奥では生き別れた母を思慕し、少ない余命のなかで、1人の女性をただひたすら愛する男。ソ・ジソブという俳優が持つ魅力を骨の髄から感じさせるドラマで、それを引き出したのが、まさにイ・ギョンヒです。彼女に「悪い男力」(褒めてます) を見出され、ブレイクした俳優は、ソ・ジソブのみならず。『サンドゥ、学校へ行こう!』『このろくでなしの愛』ではRAIN(ピ) を、『優しい男』ではソン・ジュンギを指名し、冷酷の裏に狂おしいまでの愛を隠した主人公を生み出しました。そして私達はもれなく、その底知れぬ魅力の沼にハマっていくのです。ちなみに、『優しい男』の原題は、『世界で一番優しい男』。ものすごく冷酷なその男は、世界で一番優しい男だった、という二重の意味を持ち、これがまさに、イ・ギョンヒが書き続ける主人公像です。

そのイ・ギョンヒが、ソ・ジソブ、RAIN、ソン・ジュンギに続き、本作で目をつけた「悪い男」俳優が、キム・ウビン。『ゆれながら咲く花』や『相続者たち』ですでに演技力には定評があり、長身で野性味を感じさせる体つき、決してイケメンではないけれど(失礼!) 妙な色気を漂わせているあたり、ジソブやRAINの系統をばっちり引き継いでおります。

新たなる「悪い男」キム・ウビンが切なく、愛おしい理由

というわけで、ジュニョンです。出だしから、ワガママな韓流スターぶり全開。さらに、初恋の相手・ウルを探し出そうとしたはずなのに、実際に再会してみれば、ウルが自分のドキュメンタリーの制作を担当することを拒んだり、承諾したり、また却下したり。なんとも気まぐれな! でも、彼がどんなに非情な態度をとろうとも、むかつけない、むしろ悲しいのです。なぜなら、その裏には余命宣告された者のやるせない気持ちがあるから。さらに、ジュニョンはウルの父親の死にまつわる因縁を持っており、「愛する女性(=ウル) への罪を償いたい」という思いもある。ウルと触れ合うほど、罪悪感と愛の間で揺れ動き、苦悩する姿が放っておけないのです。

イ・ギョンヒ作品の男たちは、残酷なまでに傷つけられる宿命を背負わせられ、傷つきながらも、ただひとりの女性を愛し抜く。だからこそ、胸に迫るのですが、ジュニョンもしかり。ウルが見ていないところ、知らないところで、彼女のために動くのです。

例えば、ウルが犬アレルギーだと知れば、部屋飼いしていた愛犬ポロロの犬小屋を庭に作り、ポロロの毛が残らぬよう部屋中を大掃除(サービスは使わず、自ら!)。ウルが泥酔した際も、民宿に運び込み、口元を拭いてやったり、着替えさせたり(民宿の女主人に頼むも拒まれ、自ら!)、寝ている彼女に苦しい胸のうちを告白したり(定番!)。そんな“かわいい”純情愛で視聴者を悶えさせながら、それをウルの前では決して口にはしません。どこまでも「最低野郎」のフリなのです(なのに、ウルが笑うのを目にして、思わず笑みがこぼれたりして!)。

一方で、自らのコンサートでウルに告白してみたり、恋敵ジテ(イム・ジュファン) にかばわれたウルを奪い、手を取って連れ去ったり。愛に向かう決意を決めた彼が見せる強引さは、いわゆるツンデレたちが見せるそれとは異なり、とても切実で。やっていることは勝手なのだけれども、やたらと胸を締め付け、“むやみに切ない”んです。

ある事件により、ジュニョンに騙されていたと誤解したウルが怒って去ろうとする場面があります。それまでどんなときも強気だったジュニョンが、口にしたのは、「お前を利用したことはない。愛してる、行くな」切実に訴えるその姿がいたいけで、悪い男の弱い面にぐらり。

「最低野郎」の仮面の下は…キム・ウビンの愛に涙が止まらない

後半になるにつれ、ジュニョンは再び「最低野郎」の仮面をかぶり、ウルの父親の死の真相を明かそうとしていくのですが、その冷酷プレイにハラハラさせられる一方で、上記の「行くな」に続く弱い面がぽろぽろと出てきて、母性本能がくすぐられまくり。さらに、物語終盤、ウルはドキュメンタリー用に撮った映像のなかで、音声を切った状態で話しているジュニョンに気づきます。その口の動きから彼の言葉を読み取ったウルは、その深い愛を知るのですが。この本心を語るジュニョンには、これまでカメラの前で見せてきた挑発的なスターの姿は露もなく、どこまでも穏やかで、このうえなく寂しげな表情が、たまらなくいいのです。

「悪い男」(実は優しい男) が、愛のために傷だらけになって、脆さを見せる。冷酷でタフなはずの男が、愛を求め、心もとない子供のような寂しげな眼差しを見せる。ここにヤラれるわけです。

さらに、病気の進行により記憶障害が起きていく彼は、過去と現在を行きつ戻りつし始めるのですが、冷酷さと温かさ、悲しみと無邪気さ、その温度差の表現が実に絶妙で、ウビンの名演に唸らされることしきり。加えて、個人的にとても好きなシーンがあります。これも物語後半ですが、ウルがジュニョンに「恋に落ちた瞬間はいつか」語る場面です。彼女が彼を好きになったのは、ただカッコよかったからでも、優しくされたからでもなく、彼が弟にしてくれたあることがきっかけでした。その回想シーンで登場するジュニョンこそ「心温かな男」そのもので、だから嫌いになれないのだと、心にストンと来るのです。そして、ウルが彼の真実をちゃんと見ていたことを改めて知り、なんだか胸がいっぱいになるのです。

傷つくことも恐れず、自分を犠牲にしても、相手を愛し抜く男達

もうひとつ、個人的に胸を突いたのは、もう一人の男性主人公ジテのドラマです。彼もまた、ジュニョンと同じく、愛するひとと父の間にある因縁に苦しみ、その罪を全力で償おうとする男です。イ・ギョンヒドラマ史上でも、心に残る名2番手。彼が、記憶障害になっていくジュニョンに語るセリフが胸に響きます。

「お前のことは嫌いだった。だから、俺たちまた会おう。愛してやる、実の弟みたいに」
血の繋がらない兄弟の確執という意味で、これもまた『ごめ愛』に通じ。この2人の関係も、ぜひとも注目してみていただきたいもの。他にも、母子の情や、父子の思いなど、様々なドラマも織り込まれていきますが、それらを含めて、これは男が女を愛する物語です。それも、ただひたすら、傷つくことも怖れず、自分を犠牲にしてまで。苦悩や切なさがあってこそ、愛は尊く。いまどき珍しいくらい王道のメロドラマが、胸にじわりと来ます。

エンタメライター:高橋尚子

■作品情報
「むやみに切なく」
DVD-SET1&SET2 好評発売中
各¥19000+税
※レンタル同時リリース

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd.©2016 SAMHWA NETWORKS All rights reserved

公式サイト:http://kandera.jp/sp/setsunaku/
予告編:https://youtu.be/VlvfASJM85g
Instagram ID:muyami170404