画像提供:マイナビニュース

写真拡大

しゅふJOB総研は5月30日、働く主婦層を対象とした「オヤカク(親確)」に関する調査結果を発表した。調査期間は5月18日〜25日、有効回答は709人。

○オヤカク、79.8%が「知らなかった」

オヤカクとは、採用企業が内定者だけでなく、その親にも入社承諾の確認をとること(しゅふJOB総研)。同調査で、オヤカクという言葉を知っていたか尋ねたところ、「言葉も意味も知っていた」と答えた割合は15.0%、「言葉は知っていたが意味は知らなかった」は5.2%だった。一方、「知らなかった」は79.8%に上り、オヤカクという言葉は一般的には浸透していないことがわかった。

就職活動中の新卒学生の親だった場合、オヤカクする採用企業に対してどんな印象を持つか聞くと、「どちらとも言えない」が39.5%と最も多く、次いで「悪い印象(計)」が39.1%、「良い印象(計)」が21.4%と続いた。

良い印象を持つ回答者からは「親にも確認を取る事は、親自身も子供の勤め先を把握し理解できるので良いとは思います。私自身は子供からこんな会社はどうか?と相談を受けたので」(40代:子供あり)などの声が寄せられた。

一方、悪い印象を持つ回答者からは「内定者本人を信用していないような印象を受けるから」(40代:子供あり)、どちらとも言えないと答えた人からは「社会人になろうとしている子供には、自立して欲しい。しかしながら、現代社会は、複雑であり、経験が少ない学生には、見極めることが難しい面もあるため」(50代:子供あり)などの意見が寄せられた。