フリーランスの年齢制限は?

写真拡大

フリーランスの生き方を選ぶ人は多くいます。しかし、この仕事には事実上の年齢制限があるともいわれています。実際に、フリーランスの内訳はほとんどが20代や30代となっています。

仕事相手の問題

フリーランスは年齢を重ねるにしたがって生きづらくなる理由はどういった要素があるのでしょうか。ひとつは仕事をする相手が年下となることもあります。同年齢や、年代が下のフリーランスの人間ならば、気軽に発注もできるでしょうが、年齢を重ねていた場合には躊躇してしまう場合もあるでしょう。

健康上の問題

さらに、健康上の問題もあります。フリーランスは自由な働き方ができますが、仕事の量が減るわけではありません。むしろ締切にあわせてフレキシブルに動ける要素が重要となります。急な発注にも、フットワークが軽くこなせる必要があるといえるでしょう。年齢を重ねてくると、そうした働き方がどうしてもできなくなるため、結果的にフリーランスの仕事量が減っていくといったこともあります。

年齢は関係ない?

むろん、こうしたデメリットは一般論です。これを克服できるだけの要素があればフリーランスとして活躍できる余地はあるといえます。