スマホに求められる基本性能を押さえたスタンダードモデル

写真拡大

NTTドコモは、富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン「arrows Be(アローズ・ビー) F-05J」を2017年6月1日に発売する。

手になじむラウンドフォルム

「おサイフケータイ」やアンテナ内蔵型の「ワンセグ」などの便利な機能を搭載。日本語変換性能に優れるという「Super ATOK ULTIAS」を搭載したほか、従来のケータイ風の操作モードを備え、文字入力がスムーズに行える。

薄暗い場所でも明るいアウトカメラ(F2.0、約1310万画素)を装備。アウト/インカメラ(約500万画素)とも広角仕様で、ワイドな撮影が可能だ。

手になじむシンプルなラウンドフォルムで、厚さ約7.8ミリの薄型デザインを採用。サイドフレームにアルミ合金を使用した光沢のある質感で、リアパネルと一体感のあるカラーで仕上げている。

IPX5/8防水、IP6X防塵に加え、米国軍用規格「MIL-STD-810G」14項目に準拠した耐久試験をクリアした堅牢性を備える。容量2580mAhバッテリーを内蔵し、独自の省電力設計と合わせ、3日間の電池持ちを実現した。

そのほかの主な仕様は、約5.0型HD(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレイ、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。microSDXC(最大256GB)対応。OSは「Android 7.1」をプレインストールする。Bluetooth 4.1をサポート。

カラーはRed、Black、Whiteの3色。