Photo by cinemacafe.net

写真拡大

恋の事件が巻き起こるノンストップ・ラブストーリー『ピーチガール』の大ヒット御礼舞台挨拶が5月30日(火)、新宿ピカデリーにて行われ、W主演を務めた山本美月、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)が顔を揃えた。
現役女子高生が出題する「イマドキ女子高生事情クイズ」に、早押しで答えたふたり。悪戦苦闘する伊野尾さんに対し、山本さんは涼しい顔で4問連続正解という快挙を成し遂げた。「かわいい」という言葉を示す「○○かわ」の「○○」部分を答えるという問いで「ゲロかわ」が最上級だと知った伊野尾さん。驚いた表情の伊野尾さんは、「ゲロかわって若干ディスッてない? 『ピーチガール』はピチかわ!?」と無邪気に提案すると、女子高生たちに「ありだと思います!」と受け入れられ、山本さんにも「伊野尾くんはゲロかわだもんね」と慰められていた。

『ピーチガール』は、累計発行部数1,300万部を超える、上田美和による同名大ヒットコミックの映画化。日焼けした黒い肌に赤い髪という見た目から「遊んでいそう」と思われているが、実はとてもピュアな女子高生・安達もも(山本さん)を取り巻く、学校一のモテ王子のカイリ(伊野尾さん)と、ももが中学時代より片思いしているとーじ(新田真剣祐)との三角関係を描く。

劇場公開から1週間経ったいま、周りの反応について聞かれると、山本さんは「親は2回くらい観てくれていて『美月ちゃん上手だったね』って言われました(笑)」と照れ笑い。伊野尾さんは、「普通に観に行きました」と劇場に訪れたことをカミングアウトし、「違った意味の緊張感がありました。全員、もしかしたら僕のことを知っているかも! って」と楽しそうな表情を浮かべ、初主演映画の手ごたえを実感していた様子だった。

なお、この日はサプライズで神徳幸治監督も登場し、プロモーションに奮闘するふたりに、労いの言葉をかける場面もあった。

『ピーチガール』は全国にて公開中。

(cinamacafe.net)

■関連記事:
永野芽郁、山本美月に公開謝罪! 「本当にごめんなさい!!」
伊野尾慧、山本美月の気持ち奪えず「悔しい…」起死回生のサプライズも効果なし
真剣佑、山本美月を抱き寄せる…幸せ全開ショットが一挙公開 『ピーチガール』
伊野尾慧、真剣佑から壁ドンされてドキドキ!「パワフルで力強い」
伊野尾慧、山本美月のパンチラに「めっちゃキュンキュン」