「プロデュース101」側、練習生イム・ヨンミンの不正行為を確認…ペナルティ適応を検討中

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2が、不正行為をしたBRANDNEW MUSICのイム・ヨンミンに対し、ペナルティ適用を検討中であることが分かった。

Mnet「プロデュース101」シーズン2は本日(30日) 10asiaに「企画事務所を通して、練習生本人に確認を取った。本人が望んでいる曲を家族に話したことはない。しかし、家族と一部のファンが、コンセプトの評価曲について話を交わしたことが確認され、他の練習生との公平性を考慮し、ペナルティ及び法案を確認中だ」と述べた。

また「プロデュース101」シーズン2は、知人のスポイラー(ネタバレ) に関連し「この事案も企画事務所を通して確認している。知人にランキングおよびプログラムの内容をスポイリングしたことはない。企画事務所側では、実際に知人の書き込みではないと言ったので、この部分については追加のペナルティは与えられない予定だ」と述べた。

「プロデュース101」シーズン2は、先日コンセプト評価を控え、国民プロデューサー、すなわち韓国のネットユーザーが、練習生に合う評価曲を投票できるようになった。

全部で5曲が公開された中、一部の練習生は様々な方法で自身が望む曲をファンに知らせ、袋叩きに合った。カン・ダニエル、キム・ドンビン、イ・ギウォンなどは関連曲に配当されないペナルティを受け、プログラムを通じて謝罪した。

「プロデュース101」シーズン2は、韓国で毎週金曜日午後11時に放送している。