NIKELAB AIR VAPORMAX FLYKNIT BETRUE

写真拡大

ナイキは、LGBTQコミュニティにインスパイアを受けた「2017 BETRUEコレクション」を、2017年6月1日から順次発売する。

左足から右足にかけて虹の色が広がる

ナイキのLGBTネットワークリーダーのロバート・ゴーマンは、「私たちにとって重要なことは、人々が団結してLGBTQアスリートたちを支援している、ということがわかるようなものを作ることでした。ジムでのトレーニングやランニングの際にレインボーカラーを身につけることが、自分がより大きな組織に所属しており、LGBTの人たちとつながっている、あるいは味方であることを表現する方法になりました」と、BETRUE製品の意味を伝えている。

今回のコレクションの注目は、やはり靴底のレインボーカラーが印象的な「NIKELAB AIR VAPORMAX FLYKNIT BETRUE」だろう。

ダークバイオレットのフライニット アッパーの下に、1978年にデザインされたオリジナルのLGBTQプライドフラッグを讃え、8色のレインボーカラーのヴェイパーマックスエア ユニットが用いられている。ヴェイパーマックス エア ユニットは、オレゴンにあるナイキ エア製造施設で、ナイキのデザイナーと生産担当者が協力し合い、初めてエアバッグを2色以上で染めるという新しいプロセスを開発して実現した。

価格は2万4840円。

また、初めて8色のレインボーのスウッシュをあしらった白黒の「NIKE FLYKNIT RACER BETRUE」は1万7280円。内側のスウッシュには、LGBTQコミュニティで広く使われているピンクを用いている。

そのほか、左足から右足にかけて虹の色が広がるように配色されたソックス「NIKE ELITE CUSHION CREW BETRUE RUNNING SOCKS」(2700円)など、特徴的なものは多い。

NIKELAB AIR VAPORMAX FLYKNIT BETRUEはNIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、NIKE HARAJUKU、DSM GINZAにて販売。その他の商品の展開店舗はそれぞれ異なるが、NIKE.COMとナイキの直営店などで6月1日から販売予定だ。