KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社は、5月30日、豊かなライフスタイルをIoTでサポートする新サービス「au HOME」の提供を7月下旬以降に開始すると発表した。「auひかり」の顧客を対象としたサービスで、基本利用料は490円(税抜)。「au HOME」はスマートフォンアプリで、外出先からでも自宅の鍵・窓の開閉状況を確認したり、自宅にいる家族やペットの状況を確認することができるIoTサービスだ。センサーやネットワークカメラなどの「au HOMEデバイス」と、専用アプリケーション「au HOMEアプリ」を組み合わせることで利用可能となる。

デバイスは「au WALLET Market (auショップ)」で購入できるほか、基本利用料と合わせて分割払いにすることも可能。サービス開始の段階では、鍵や窓、ドアの開閉状態を確認できる「開閉センサー」、人やペットの動き、温度・湿度・照度などがわかる「マルチセンサー」、音声付きの映像をリアルタイムでスマホに送信する「ネットワークカメラ」などが提供される。

また、2017年秋以降には、赤外線を対応家電製品に送信してエアコン・照明を制御する「赤外線リモコン」、消費電力の測定と、接続している家電製品の電源をON/OFFできる「スマートプラグ」なども提供予定。今後は音声技術なども活用し、安心で便利な生活をサポートするIoTサービスの開発を推進していくとのことだ。アプリのダウンロードや機器の取り付け・初期設定を行う「訪問設置サービス(有料)」も用意されており、幅広い年齢層に安心・楽しさ・便利を提供するサービスとなっている。

提供予定の「au HOME」デバイス

発表資料
URL:http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/05/30/2478.html
2017/05/30