優秀な兵士には悩みも(写真:アフロ)

写真拡大

 兵士にとって命令は絶対だ。だが、感情を完全に排除できるかといえばそうではないだろう。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。

 * * *
 女性の社会進出において中国は進んでいる。というのも社会主義社会では基本的に全員が労働に従事してきたからだ。家事の分担ははるか以前から定着している。

 その意味では、女性上司から男性の部下がセクハラされるなんていう場面は80年代の映画でも観ることができた。

 事情はもちろん軍においても定着していて、女性兵士はさまざまな部隊にいて、各種各様の任務に従事している。そんな人民解放軍において、いま女性兵士には大きな悩みがあるという。

 それを報じたのは『政事兒』の記事(2017年03月27日)である。そのタイトルは、〈ミサイルを担ぐため、女兵士は体重増が不可避である 人によっては3ヶ月で15キロの増加という例も〉だ。

 彼女たちが所属しているのは、陸軍で初めての女子ミサイル連隊であるという。彼女たちは国内で数々の表彰を受けている優秀な兵士たちだというが、それだけ命令には忠実で、タイトルのような体重増加の要求にも素直に応じ、結果として見た目が大きな悩みになっているというのだ。

 彼女たちの平均年齢は22歳で、最年少は1997年生まれの19歳だというから、それぞれ心中は複雑だろう。