【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、大統領特使として先ごろバチカンを訪問した金喜中(キム・ヒジュン)韓国天主教主教会議議長兼光州大教区教区長(大主教)らと青瓦台(大統領府)で面会し、特使団の活動について報告を受けた。

 金氏率いる特使団は20〜25日(現地時間)にバチカンを訪問。ローマ法王フランシスコと面会し、文大統領の親書を渡すとともに朝鮮半島の平和定着などを巡り意見を交わした。
 文大統領は「大統領就任に合わせてバチカンに特使を送ったケースは初めてではないかと思う。法王様が2回も会ってくれた」と述べ、金氏らをねぎらった。
 金氏は、「文大統領の政権がうまくいくだろうとおっしゃった」と法王の言葉を伝え、法王からの贈り物であるロザリオ(祈りの際に用いる用具)を文大統領に手渡した。文大統領夫妻は敬虔(けいけん)なカトリック信者だ。
tnak51@yna.co.kr