U-20日本代表、16強ベネズエラ戦のスタメン発表! 高木を抜擢、久保はスーパーサブ

写真拡大

イタリア戦2得点の堂安はこの日も先発、高木は2トップの一角に

 U-20日本代表は30日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会、決勝トーナメント1回戦ベネズエラ戦のスターティングメンバーを発表した。

 日本はグループDを1勝1分1敗のグループ3位ながら、各グループ3位の上位4カ国に入り、10年ぶりの16強進出を果たした。負けたら終わりの決勝トーナメント初戦で迎えるのは、メキシコやドイツなどと同居したグループBを3連勝で首位突破したベネズエラだ。ベネズエラは3試合10得点と今大会最多得点の攻撃力を発揮。「パンテラ(豹)」との異名を取るFWセルヒオ・コルドバは、ここまでで4得点を決めるなど、強力なタレントを擁する強敵だ。

 南米の新興勢力に対して、日本は守護神の小島亨介(早稲田大)、センターバックの中山雄太(柏)と冨安健洋(福岡)を4戦連続でスタメン起用。左サイドバックはイタリア戦でも先発した杉岡大暉(湘南)が入るとみられる。中盤ではイタリア戦で4人抜きドリブルシュートなど2得点を決めた堂安律(G大阪)がこの日も先発、ボランチには堂安の2点目をお膳立てした市丸瑞希(G大阪)が入っている。

 2トップには今大会初スタメンの高木彰人(G大阪)が入り、イタリア戦で出番のなかった15歳のFW久保建英(FC東京U-18)はスーパーサブとして控える。

 日本代表のベネズエラ戦の先発メンバーは以下の通り。

GK

小島亨介(早稲田大)

DF

杉岡大暉(湘南)

中山雄太(柏)

冨安健洋(福岡)

藤谷 壮(神戸)

MF

原 輝綺(新潟)

市丸瑞希(G大阪)

堂安 律(G大阪)

三好康児(川崎)

FW

岩崎悠人(京都)

高木彰人(G大阪)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

田口有史●写真 photo by Yukihito Taguchi