画像提供:マイナビニュース

写真拡大

レノボ・ジャパンは5月30日、法人向けデスクトップPCブランド「Lenovo V」シリーズとして、オールインワンモデル「Lenovo V310z All-In-One」を発売した。価格は112,000円(税別)から。

法人向けデスクトップPCのエントリーモデルで、19.5型液晶ディスプレイが一体となったオールインワンタイプのデスクトップPC。同社製品として初めてとなる、インタフェース・セキュリティー・カバーを採用。USBコネクタなどを鍵付きのカバーによって保護し、インタフェースへのアクセスを管理者以外が行うことを防止する。

CPUはIntel Core i3またはCore i5を選択可能で、メモリはPC4-19200対応のDDR4 4GBから(最大16GB)。ストレージはM.2 SSDとSATA HDDの組み合わせで運用できる。本体のキャリーハンドルで運搬に配慮したほか、ディスプレイに設置されているカメラにはロック機能を搭載している。

そのほか主な仕様は、画面サイズが19.5型のTN液晶、解像度が1,600×900ドット、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home / Pro、およびWindows 7 Professional選択可能(いずれも64bit版)。インタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI×1など。本体サイズはW494.2×D227.5×H404mm、重量は約6.87kg(最大構成時)。