40代・50代の女性に多く起こる更年期障害。個人差もありますが、重い人は寝込んだり入院したりするほどだといいます。お母さんの年代の話だと思っていたら、20代・30代の若い人にも起こる若年性更年期障害というものがあるんです。若年性更年期障害の原因や症状、治療法について調べてみました。

女性には深い関係がある更年期障害

実は男女ともに更年期という期間があり、更年期障害は女性だけではなく男性にも起こります。しかし女性の多くに症状が見られるため、更年期=女性というイメージがあるのですね。女性の更年期障害は排卵に関係するエストロゲンという女性ホルモンの減少が原因で起こります。閉経前後の45歳〜55歳くらいに多く、ほとんど症状が無い人から体調不良で寝込んだり入院しなくてはならない人まで個人差があります。症状がある期間も数週間から数か月、10年に渡るまで、人それぞれ。症状も肉体的な不調から精神的なものまでさまざまなので、月経のように「更年期障害がきた」「終わった」と簡単に判断することが難しいのです。

まだ20代なのに……若年性更年期障害とは?

一般的に40代〜50代に起こることが多い更年期障害ですが、20代〜30代で同じような症状に悩む女性もいます。若年性更年期障害といって、その名の通り若いのに更年期障害が起こっている状態です。当然、自分が更年期障害だなんて思いませんから、体調不良や不快な症状が続いても「疲れているのかな」「どうしたのかな」で済ませてしまい、なかなか病院に行けず治療が後回しになってしまうことが多いようです。また、病院で検査をしても特に悪い場所が見つからないため「ストレス」「自律神経失調症」と診断されてしまうことも。なんとなく調子が悪い(不定愁訴)の場合もあれば、仕事や生活に差し支えるほど症状が重い場合もあります。

辛くても治る? 原因と治療法は?

更年期障害がエストロゲンの減少が原因なのに対し、若年性更年期障害は自律神経の乱れが主な原因です。間違ったダイエットや婦人科疾患でホルモンのバランスが悪くなることでも起こります。

ほてりを感じる、汗をかきやい肩こり、腰痛がある疲れやすい、動きたくない頭痛やめまい物忘れ睡眠障害生理不順食欲不振
このように若年性更年期障害にはたくさんの症状があり、いくつか重なって起こったり、どれか一つが重かったりと個人差があります。完全に生理が止まってしまったり、極端に痩せる、寝込むほど体調が悪くなる人もいます。若年性更年期障害かどうかは婦人科でホルモン量の検査をすれば診断できます。治療法として、副作用が少ないが効果が出るまでに時間がかかる漢方薬によるもの、即効性があるが不正出血や投薬を中断したあとに更に症状が出ることもあるホルモン剤によるものがあります。どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合って納得した方法で治療するのが良いと思います。他にも針治療やサプリメントを併用している人もいるようです。


writer:しゃけごはん