ペク・アヨン、パク・ジニョンに残念な気持ちを伝える「作曲してもらいたかったが…」

写真拡大

歌手ペク・アヨンがパク・ジニョンに向けて残念な気持ちを伝えた。

ペク・アヨンは29日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて新曲「甘い空言」のカムバックライブトークを放送し、ファンたちとコミュニケーションした。

この日に公開したペク・アヨンの3rdミニアルバム「Bittersweet」に収録されている「連絡がないなら」は、JYPのパク・ジニョンプロデューサーが作詞を担当した曲だ。

ペク・アヨンは「作曲してもらいたいと話したのに、作詞だけしてくれた」と残念な気持ちを伝えた。

続いてペク・アヨンはパク・ジミンがフィーチャリングとして参加した収録曲「嫉妬しちゃう」を一緒に歌った。