「アイドルドラマ工作団」メンバー7人が6月に新曲を発売…グループ名は“隣の家の少女”

写真拡大

ガールズグループアベンジャーズが出動する。Red Velvetのスルギ、I.O.I出身のチョン・ソミ、MAMAMOOのムンビョル、OH MY GIRLのユア、SONAMOOのディエナ、LOVELYZのスジョン、C.I.V.Aのキム・ソヒが6月に音源を発売する。KBS新バラエティ番組「アイドルドラマ工作団」の一環だ。

本日(30日)、音楽関係者によると、KBS新概念ウェブバラエティ「アイドルドラマ工作団」に出演するガールズグループ7人は「隣の家の少女」という名前のグループを結成し、6月に音源を発売するという。

錚々たるガールズグループのメンバーであるうえ、それぞれの個性の強い彼女たちが集まるとどんな姿を見せてくれるか、期待が高まっている。特にこれに先立ち、KBS「お姉さんたちのスラムダンク2」のプロジェクトガールズグループUnniesがよい成績を収めたため、さらに期待が高まっている。

初放送も大反響を呼んだ。昨日(29日) 午前11時、NAVER TVとV LIVE、YouTubeを通じて公開されて以来、バラエティ分野と10代の再生回数ランキングで1位(29日) になった。それだけでなく、地上波、ケーブル、総合編成チャンネル、バラエティ、ドラマ、ニュース、教養番組などを対象にする全体ランキングでも2位になる快挙を達成した。

1話では、ドラマに挑戦する7人の少女たちの姿が描かれた。メンバーは、ドラマに出演するためオーディションに参加するが、いずれも脱落し、苦杯をなめた。そしてメンバーは、自分たちでドラマを作ることを決め「アイドルドラマ工作団」が本格的に幕を開けた。

「アイドルドラマ工作団」は、人気ガールズグループのメンバー7人がドラマの台本を書いて演技する、韓国初のドラマミッションバラエティ番組で、メンバーが直接書いた台本通りにドラマ「花道だけ歩こう」が作られる。6月10日、KBS N、KBSワールドでも放送される。