VRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE」が日韓のインターネットカフェで始動

写真拡大 (全2枚)

テクノブラッドは、 2017年5月29日(月)に日韓共通の施設設置型VRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)」を、日本国内の複合カフェ(インターネットカフェ)112店舗でスタートする。

昨今注目を集めているバーチャルリアリティ(以下VR)について、高品質なVR体験を得るためには、体験する場所や環境、適切なデバイス選択、購入費用等がハードルとなり気軽に踏み込むことができない現状がある。「VIRTUAL GATE」は、これらの課題を解決し、多くの人に高品質なVR体験を届ける入り口として、日韓のインターネットカフェを始めとするリアル店舗と連携した、世界初の施設設置型のVRコンテンツプラットフォームだ。

「VIRTUAL GATE」には、国内外約30社のVRコンテンツメーカーから提供されるPC専用のハイクオリティー動画や、ゲーム、アプリケーションを250本以上取り揃えているとのこと(2017年5月29日現在)。また、コンテンツは今後も続々と追加、更新されるため、その時々の旬なコンテンツを楽しむことができる。

VRだからこそ実現できる現実には会うことができない、アニメやゲームのキャラクター、アイドルやタレント、行ったことのない場所や、未知の体験と”会える”コンテンツを特集していく。

■利用料金
・VR機器レンタル料金:300円(税込)
・コンテンツ料金:コンテンツ毎に異なる(無料コンテンツも多数用意)
※別途店舗利用料金が必要

■VIRTUAL GATE

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・第10回「FANTASTIC BATTLE」は「PUBG」バトルロワイヤルで実施
・ハイレゾ音源配信6サイト連合企画「ハイレゾ音源大賞」2017年5月度大賞候補6作品発表
・きゃりーぱみゅぱみゅがJAXAとコラボ。最新テクノロジーを駆使したバーチャル宇宙空間ライブを披露
・夏にぴったりの“爽快”トクホが「スプライト」から初登場
・「東京メトロイベントTouch」が発足。オリジナルデザインのPASMO機能付き会員証を発行