パン生地、パッケージ、具材をリニューアルした「ミックスサンド」(250円)

写真拡大

セブンイレブン・ジャパンは、5月30日(火)より、サンドイッチのパン、具材、パッケージをリニューアルし、全国のセブンイレブンで発売する(一部地域除く)。

【写真を見る】食べごたえと風味がアップした「ひとくちサンドたっぷりハムとたまご」(298円)

「ミックスサンド」(250円)は、20年ぶりにパン生地に使用する酵母を変更。きめ細かく、しっとりふんわりした食感に仕上がっている。また、パッケージフィルムも改良し、酸素と水分の透過をさらに低減することで、パン生地の乾燥を抑制。具材のツナサラダやハム、たまごサラダもこだわりが増し、これまでとの違いを感じてみたい商品だ。

新商品の「7品目のコブサラダサンド」(298円)は、 彩りの良い野菜をスパイシーなコブドレッシングで食べるサラダ感覚のサンドイッチ。にんじん、アボカド、トマト 、ゆでたまご、ローストチキン、紫キャベツ、リーフレタスなど一度に様々な食材を楽しめるのが嬉しい。「海老ブロッコリーサラダサンド」(298円)は、粗挽きの全粒粉を使用した低糖質のパン生地に、オーロラソースで味付けした海老ブロッコリーサラダをサンド。「フルーツミックスサンド」(298円)は、オレンジとキウイフルーツの2種類のフルーツに、ホイップクリームとカスタードクリームを組み合わせている。ホイップクリームには、マスカルポーネチーズを加えることで、コクのある味わいに。

「ひとくちサンドたっぷりハムとたまご」(298円)は、その名の通り、ひとくちサイズの食べやすいサンドイッチ。ハムを約2倍に増量して食べごたえがアップした上に、たまごサラダには半熟ゆでたまごを追加して風味も向上。是非この機会に、品揃えも美味しさもアップしたセブンイレブンのサンドイッチを一度試してみて。【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】