@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ウラカン・ペルフォルマンテ 新境地を拓く空力システム

イノベーション・アワードは、前年度においてAUTOCARを最も感動させ、新境地を切り拓いた技術に対して贈られる。

英国版編集部のマーク・ティショーは「ウラカン・ペルフォルマンテのアクティブ・エアロダイナミクス・システムは、“イノベーションを体現できる” 魅力的なテクノロジーです」と賛辞を贈った。

「走り出したとたんに、自然吸気にこだわるこのスーパースポーツカーが素晴らしい性能を有していると確信しました。そのキーとなるのが、アクティブ・エアロダイナミクス・システムの効果でした。この技術の採用により、ハンドリング性能が、新たな次元へ進化を遂げているのです」
 

ランボルギーニ、全世界のメディアを前にコメント

授賞式は、ランボルギーニが全世界のメディア向けに行ったダイナミック・ローンチの場で行われた。

イノベーション・アワードを授賞した研究開発部門取締役のマウリツィオ・レッジャーニは、「著名かつ権威あるイギリスの自動車専門誌より、このように公式な評価をいただき、大変誇りに思います。ウラカン・ペルフォルマンテの能力は、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェ(北サーキット)における市販車ラップタイム最速記録によって証明済みですが、今回の受賞により優れた能力がさらに裏付けられました。受賞は、弊社が特許を取得したALAシステム エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)の賜物であり、研究開発部門およびデザインチームの才能の証と言えるでしょう」とコメントしている。