【REPORT】超新星 ソンジェ、主演映画「Guest House」ファンミーティングが大盛況のうちに終了!

写真拡大 (全8枚)

人気ダンスボーカルグループ超新星のメンバー、ソンジェの映画初主演を記念して5月27日、オリックス劇場でファンミーティング&LIVEが行われた。横浜、名古屋で行われてきた映画「Guest House」のイベントもこの大阪がラスト。昼間の1部に続き、今回最後となる2部にも多くのファンが詰めかけた。

当日は、ソンジェが除隊してちょうど1年という記念の日。ソンジェには秘密のサプライズも用意され、いよいよ開演。「Guest House」の映像が流れた後、ピアノのイントロが響く中ソンジェが登場。会場から拍手と歓声が起こる。スローバラード「I LOVE YOU(日本語ver.)」を歌ったソンジェは、ファンに向かい「ありがとうございます! 大阪のMILKY WAY(超新星のファンの愛称) の皆さん、こんばんは。今日は俳優になったソンジェです、よろしくお願いします!」とあいさつ。

今回名古屋でのイベントのあと京都へ行ったとのことで、ソンジェ自身が撮影した京都での写真が紹介される。「天気が超よかった」と話すなど、ソンジェもご機嫌。京都ではカレーうどんを食べたというエピソードも。続いて映画のハイライト映像が流される。今回の作品について「撮影期間は3週間くらいでちょっと忙しかったけど、素敵な映画になっていると思います」とソンジェ。撮影地が韓国でも特に寒い地方だったこと、初主演という重圧が大きかったことなどを語った。そして共演したちすんとのデュエットに触れたあと、7月26日(水) に映画のイメージアルバムが発売されることを発表した。

続いては沖縄国際映画祭の映像や画像が登場。映画祭について「想像する映画祭とはちょっと違っていて、お祭りのような雰囲気が新鮮だった、とてもいい経験になった」と語った。そして自身の好きな映画ジャンル、大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」についてもトーク。さらに今回の「Guest House」に関する画像も。撮影に使われたゲストハウスの画像を見たソンジェは「ここの前には海が広がっているんですよ」と説明。ちすんとの2ショット画像では、撮影中の裏話をひとつ。劇中では英語でやりとりをしている二人だが、実はソンジェもちすんも英語が苦手なんだとか。撮影の合間に一生懸命セリフ合わせをしていたそう。ソンジェは「でも実際たどたどしい英語で会話するのがコンセプトだったんですよ」と、かわいい言い訳で会場を笑わせた。

次は質問コーナーへ。Twitterや会場で応募した質問の中からいくつかをソンジェに答えてもらうことに。Twitterでの質問で多かったのが食べ物に関するもので「食べ物に生まれ変わるなら何?」という質問に対する答えは、悩んだ末「お寿司」。「お弁当に入っていたらテンションの上がるおかずは?」には「ケチャップを使ったソーセージ」と回答。ソンジェ自身が箱から引いた会場の質問「若くないと感じるときは?」「どうしたらソンジェみたいにかわいくなれますか?」「好きな女の子のファッションは?」など、ひとつずつ丁寧に答えていく。なかには「今日のパンツの色は?」という質問が飛び出すなど、会場中が盛り上がった。

続いてはお料理コーナー。横浜でおにぎりとピビンバ、名古屋はサンドイッチ、大阪の昼公演ではお好み焼きを作ったソンジェ。最後の夜は「たこ焼きを作ります!」。ソンジェが箱から席番号を引き、5名を抽選。選ばれた観客は自分の携帯電話を持ってステージへ。1人がソンジェにエプロンをつける大役を任され、いよいよ料理がスタート。

いきなり「まずは何を中に入れればいいのでしょうか?」と質問するソンジェに客席から笑いが。普通のたこ焼きではあまり見ないような具材も入れつつ、調理は進む。たこ焼き器に生地を入れるところでは、「生地の量が少ない」、ひっくり返そうとすると「まだ早い」と会場からツッコミが入るところは大阪ならでは。緊張しつつたこ焼き作りをするソンジェに笑いが起こる。最初はどうなるかと思われたものの、徐々にきれいに焼き上がっていく様子に、会場からも「オーッ!」と感嘆の声が。ようやく全部ひっくり返したと思ったら、今度は「何回もくるくる回す」と新たなアドバイスを受け驚くソンジェ。が、くるくる回してみるうちに「なるほどなるほど」と納得した様子。そして「ああ、おいしそう!」と自画自賛のたこ焼きが完成した。

「いらっしゃいませ〜! ソンジェのたこ焼きです!!」の声に、会場からは大きな拍手が。ソンジェは失敗してしまったひとつを熱そうに食べ、「おいしい!」と満足気。ソースやマヨネーズ、青のりもトッピングして、選ばれたファン一人ひとりに振る舞うことに。まず携帯電話で2ショットの記念撮影をしたあと、ソンジェが名前を呼び、たこ焼きを食べさせてくれるという超スペシャルな内容に客席からは拍手や歓声が起こる。ステージ上の5名に食べさせたあと、カメラマンにもたこ焼きをおすそ分けするソンジェの姿に会場から再び拍手が。調理を終えたソンジェは「自信がつきました!」とコメント。

続いてはフォトタイム。ここは撮影OKの時間なので、会場中が自分のカメラや携帯電話で撮影をスタート。ソンジェがステージを降り、客席を回ると、会場のあちこちから悲鳴のような歓声が上がる。そしていよいよサプライズの時間。MCのYumi氏の「除隊されてちょうど一年目です」の声とともにケーキが登場。そしてYumi氏にうながされて自ら目隠しをするソンジェ。そこに会場中が声を合わせて「ソンジェ除隊1周年おめでとう!」。ソンジェが目を開けると、会場の全員が手に「おめでとう」のメッセージを持っている。「いきなり目に涙が浮かびました、本当にありがとうございます」とソンジェ。写真を撮りたいと話し、客席をバックに記念撮影。そして改めて「ありがとうございます、本当に感動です」とコメント。「いっしょに過ごしてくれて本当にありがとうございます、最高です」と繰り返し感謝の言葉を発した。

そしていよいよお待ちかねのライブがスタート。ブルーのライトにステージが照らされ、ソンジェが4人のダンサーを従えて登場。会場は全員がスタンディングで大歓声! 1曲目「It's Time」に続き、アップテンポの「BLIND」、クールなビートが印象的な「YESMAN」へと続く。

ここでMCタイム。「盛り上がってますか? やっぱり大阪、熱いですよね」とソンジェ。続いての曲「BAD」を紹介。サングラスをかけた姿、セクシーなダンスに会場からは歓声が上がる。次は映画で使われている曲。役のキャラクターを表現しているとのことで、ソンジェは「歌詞も、メロディもいい、アコースティックっぽい曲。韓国語の歌ですから意味はわからないと思うけど、心で聴いたらきっと良い曲だと思います」と紹介し、歌いだしたのは、「会いたいときには」。優しく、どことなく切ないメロディに会場中が聞き入っていた。

再びダンサーが登場して、「A-YO」。情熱的な歌詞とメロディ、ソンジェといっしょに決めるポーズで客席も大いに盛り上がる。続いてはソロアルバムの中から「愛を叫ぶ」。明るいメロディにのせて「君を愛してる」と歌うこの曲でも、客席がサビのダンスに合わせてムーブ。ステージと会場が一体になる。そしていよいよ最後の曲「愛言葉」を会場中が大合唱し、ライブが終了。と思ったら、「もう一回!」のコールが。ソンジェは「こんなに反応がいいとは思わず、(アンコールの) 準備をしていませんでした」と説明するも、会場は納得しない様子。その結果、アンコールとして「愛言葉」をもう一度歌うことに。ステージを端から端まで歩いて客席に手を振る姿には大歓声が起こる。本編よりも大きな声で会場中が歌い、ライブはエンディングを向かえたのだった。

公演終了後には握手会を実施。最後まで大盛り上がりのイベントが幕を降ろした。ソンジェ初主演作「Guest House」は近日公開予定。

■公演情報
「超新星 ソンジェ映画初主演記念ファンミ&LIVE」
<日時・会場(全5公演)>
○2017年5月21日(日) 【横浜】パシフィコ横浜国立大ホール 1回 13:00open/14:00start、2回 17:00open/18:00start
○2017年5月25日(木) 【名古屋】日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 1回 18:00open/19:00start
○2017年5月27日(土) 【大阪】オリックス劇場 1回 13:00open/14:00start、2回 18:00open/19:00start