Photo by cinemacafe.net

写真拡大

2016年に連続ドラマとして放送され、続編が待望されていたドラマ「ゆとりですがなにか」のスペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」が、7月2日(日)、9日(日)の2週連続で放送されることが決定。また、本作の新たなキャストとして蒼井優が決定し、松坂桃李演じる山路の中学校の同級生役として登場する。
1987年生まれの主人公・坂間正和(岡田将生)と、恋人の宮下茜(安藤サクラ)が紆余曲折を経て結婚式を迎え、祝福ムードの中、山路(松坂桃李)もまりぶ(柳楽優弥)もそれぞれの未来へ踏み出していったあの日から1年。お嫁さんの茜、そして兄夫婦には念願の第1子が誕生! とますます賑やかになる坂間家。脱サラした正和は兄と共に亡き父が残した酒蔵を切り盛りしていけるのか? 切なくもドーテイ卒業ならなかった山路に、いよいよ春は来るのか? 11浪目にして悲願の大学合格を果たした、元おっぱいパブ客引き・まりぶはいま? 坂間家に嫁入りした茜が、旦那の正和に隠しているある秘密とは?

ある夜、1年ぶりに再会した正和と山路とまりぶは、ひょんなことから口論を始める。「小学校の先生って、一度も社会に出てないじゃん!」正和の言葉が山路に突き刺さる。数日後、まりぶが連絡のつかない山路を心配して小学校を訪ねると、そこに姿はない。なんと山路は退職したらしい…。自分のせいだと自己嫌悪に陥る正和。その頃、山路は地元・福島郡山で同級生の久美(蒼井優)と運命的な再会をし…。

「ゆとりですがなにか」は、昨年の4月に放送された、宮藤官九郎脚本のもと“ゆとり世代”の実態に迫る連続ドラマ。入社7年目の主人公・坂間正和役の岡田将生、小学校教師・山路一豊役の松坂さん、11浪中の道上まりぶ役の柳楽優弥がリアルな“ゆとり世代”を演じるほか、安藤サクラ、太賀、吉田鋼太郎ら豪華キャストたちが出演。ギャラクシー賞、東京ドラマアウォードほか2016年度ドラマ賞を多数受賞し、続編を待望されていた本作が、今回ついにスペシャルドラマとして復活する。

連続ドラマから引き続き、今回も安藤さん、太賀さん、島崎遥香、高橋洋、吉岡里帆、手塚とおる、青木さやか、でんでん、中田喜子、吉田さんといった、実力派役者たちによる強烈キャラが登場。そんな中、松坂さん演じる山路の地元郡山の中学同級生・笠木久美役として、『アズミ・ハルコは行方不明』や秋公開の『ミックス。』などに出演する実力派女優の蒼井さんが新たに出演。あることがきっかけで、地元の福島県郡山に帰郷した山路は、立ち寄ったホームセンターで久美と再会。一旦はその場で別れるものの、夜に山路は久美がママとして働くスナック「ビーマイベイビー」を訪ね、2人は急接近し…という展開に。

「ゆとりですがなにか」は好きでずっと観ていたと言う蒼井さんは、「参加させて頂くことが決まったとき、とても嬉しかったです」と喜び、「『ゆとりですがなにか』ファンとしても、たまらないスペシャルドラマになっていると思います! ぜひ、楽しみにしていて下さい」とコメント。

さらに、岡田さん演じる脱サラして家業の酒蔵を継ぐはずだった坂間正和が、酒蔵取り壊しの計画を受けて再就職先を探すため登録した人材派遣会社の営業・富田役を『東京無国籍少女』や「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」の清野菜名。ゆとり世代よりさらに若い“さとり世代”として衝撃発言を連発する。そのほか、実家に戻った山路を迎える両親に鈴木正幸と梅沢昌代、地元郡山の同級生たちを、実際に福島県出身・在住の若手役者陣が演じる。

スペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」は7月2日(日)、9日(日)22時30分〜2週連続放送。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
「ゆとりですがなにか」最終回!結婚直前に逃亡…果たしてどうなる
岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥、“ゆとり世代”の逆襲描く!? 宮藤官九郎脚本ドラマ「ゆとりですがなにか」
妻夫木聡、蒼井優と「1回もキスシーンがない」不満?を吐露
仲村トオル、堂場瞬一「検証捜査」ドラマ化でテレ東初主演! 共演に栗山千明
菅田将暉、着ぐるみでコント初挑戦「またすぐにでも着たい!」