履歴書はなぜ手書き?

写真拡大

就職活動や転職活動をするにあたって、履歴書の提出を求められる場合、手書きの条件が課されているところが多くあります。これだけワープロが発達した今、なぜ手書き履歴書が求められるのでしょうか。

最低限の審査

手書きの履歴書はそれ自体が最低限の審査という見方があります。漢字を間違えずに書けるか、相手に読みやすいような文字を書いているか、といった点を企業は見ているといえます。何を当たり前のことを思うかもしれませんが、それさえもできない人をあらかじめ排除する目的があるといえるでしょう。

仕事をこなせるか?

手書きの履歴書を書く作業はめんどうくさいものです。特に何社も並行して就職活動をしており、履歴書の返却がなされない場合には、多くのストックを作成しなければいけません。多くの履歴書の文字をていねいに書いて、なおかつ誤字脱字をせずに書く作業、は仕事に求められる事務能力とも重なるものでしょう。

企業に対する熱意になる

さらに手書きの履歴書を使うことによって、企業に対する熱意や誠意のアピール材料ともなります。手書きの履歴書はいわば、自分をアピールするためのツールであるといえるでしょう。