近所の人気者になったパディントンの
新たな冒険が描かれる! (C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS
PRODUCTION S.A.SPaddington Bear TM,
Paddington TM AND PB TM aretrademarks of
Paddington and Company Limited

写真拡大

 英作家マイケル・ボンドによる児童小説の人気キャラクター「くまのパディントン」を実写映画化し、世界中で大ヒットを記録した「パディントン」の続編となる「パディントン2(原題)」の全米公開日が、2018年1月12日に決定した。

 アメリカではマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デイ(祝日)の連休にあたるとあって、同日公開予定の新作が多数控えているものの、同じ1月12日に公開を予定していた米パラマウント・ピクチャーズの長編アニメ「Sherlock Gnomes(原題)」が3月23日に先送りになったことから、製作元の米ワインスタイン・カンパニー/ディメンション・フィルムズが、競合するファミリー向け作品のないこの週末に目をつけたのではないかと、米Deadlineは推測している。

 「ハリー・ポッター」シリーズを手がけたプロデューサーのデビッド・ハイマン製作のもと、前作に引き続きポール・キング監督がメガホンをとる「パディントン2(原題)」では、ブラウン家の一員として近所の人気者になったパディントンの新たな冒険が描かれる。

 また、パディントンの声を担当したベン・ウィショーをはじめ、ヒュー・ボネビル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベントらが続投するほか、ヒュー・グラントとブレンダン・グリーソンが新キャストとして参加することが決まっている。