米国のCEO好感度ランキング、トップ10とワースト10

写真拡大

CEOの中には、従業員と国民の両方から熱烈な支持を受ける者もいる一方で、会社のイメージを劇的に悪化させたり、国民を激怒させたりしてしまう者もいる。ではCEOの中で、ファンが最も多い、あるいは少ないのは誰なのだろうか?

民間企業の収益などのデータのクラウドソーシングとビジネス関連情報を提供するサイト「アウラー(Owler)」は先日、米国で最も好かれているCEOと嫌われているCEOのランキングを発表した。

アウラーは自社サイトのユーザーに、自分が関心を持つ企業のCEOを「ポジティブ」「どちらでもない」「ネガティブ」のいずれかに評価するよう求め、ポジティブを100%、どちらでもないを50%、ネガティブを0%として、そのCEOの総評点を計算。ランキングの対象は10件以上の評価を得たCEOのみに絞った。

トップ10は以下の通り。

1位 クレイグ・ジェリネク(コストコ/94.9点)
2位 アーニ・ソレンソン(マリオット・インターナショナル/93.9点)
3位 リチャード・フェアバンク(キャピタル・ワン/93.8点)
4位 デニス・ギルモア (ファースト・アメリカン・ファイナンシャル/93.6点)
5位 エド・バスティアン(デルタ航空/92.9点)
6位 ケリー・オートバーグ(ロックウェル・コリンズ/92.9点)
7位 キャスリーン・マザレラ (グレイバー/92.6点)
8位 スタンリー・バーグマン(ヘンリー・シャイン/91.8点)
9位 マーク・ホプラメジアン(ハイアット/91.8点)
10位 ケビン・マンセル(コールズ/90.6点)

第1位のクレイグ・ジェリネクが率いる小売大手コストコは、今月に株価が史上最高値に上昇。昨年の収益は過去最高を記録した。

第2位のアーニ・ソレンソンが率いるマリオットは昨年、競合のスターウッドを買収し、6千以上のホテルと100万室以上の部屋数を所有する世界最大のホテルチェーンとなった。

最も嫌われているCEO10人のリストには航空会社3社のCEOが名を連ねていることから、第5位に入ったデルタ航空のエド・バスティアンは大健闘を果たしたと言える。

米国で最も嫌われているCEOランキングのトップ10は以下の通り。1位は、4月に乗客引きずり降ろし問題を起こしたユナイテッド航空のオスカー・ムニョスだった。

1位 オスカー・ムニョス(ユナイテッド航空/21.5点)
2位 マリッサ・メイヤー(ヤフー、評点/32.8点)
2位 マルセロ・クラウレ(スプリント/32.8点)
3位 ジョン・レジャー(Tモバイル/41.9点)
4位 ジェリー・スミス(オフィス・デポ/42.7点)
5位 ダグ・マクミロン (ウォルマート/ 42.8点)
6位 ゲイリー・ケリー(サウスウェスト航空/43.7点)
7位 メグ・ホイットマン(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ/43.7点)
8位 ダグ・パーカー(アメリカン航空/43.8点)
9位 ディオン・ワイズラー(ヒューレット・パッカード/43.9点)
10位 アレックス・モリナローリ(ジョンソン・コントロールズ/44.6点)

トップ5にはともに携帯大手のTモバイルとスプリントのジョン・レジャーとマルセロ・クラウレが入った。

ヒューレット・パッカード(HP)のディオン・ワイズラーと、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)のメグ・ホイットマンがそれぞれ9位と7位に入っている。両社とも、昨年の年間収益は前年比で減少した。