今季限りで現役を退く意向を表明した宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

「涙の会見」宮里にツイッターでメッセージ&2ショット掲載「私の憧れの大先輩」

 今季限りで現役を退くことを表明していた女子プロゴルフの宮里藍が29日、都内で会見を開き、涙の引退会見を行った。「モチベーションの維持が難しくなった」と理由を語り、第一線で走り続けたことについて「これ以上ないゴルフ人生でした」と支えてくれたすべての人に感謝。約45分に及んだ感動の会見にトップアスリートが反応した。

 卓球の福原愛は会見終了から約4時間後に自身のツイッターを更新。親交がある宮里と笑顔で顔を寄せ合い、仲の良さを感じさせる“ダブル・アイちゃん”の2ショット写真を掲載している。

 さらに「私の憧れの大先輩」と3歳年上の宮里を表現し、「今シーズンの藍さんのご活躍をお祈りしています!」とコメントを添えた。

 福原も宮里より早い幼少期から注目を浴び、10代の頃は同じ「アイちゃん」の愛称でスポーツ界では互いに国民的な人気を誇った。ともに大きな期待に常に晒されながら、第一線で活躍してきた。

卓球&ゴルフの「ダブル・アイちゃん」にファン反響「どちらもニッポンの誇り」

 そんな「愛ちゃん」から「藍ちゃん」への心温まるメッセージにファンも反応している。

「ダブルあいちゃん ステキです」「藍ちゃんも愛ちゃんも、応援してるよ」「ゴルフの藍ちゃんと卓球の愛ちゃんどちらもニッポンの誇りです」などとコメントが相次ぎ、大きな反響を呼んだ。

 宮里の引退を巡ってはライバルの横峯さくらはもちろん、女子レスリングの五輪金メダリスト・吉田沙保里ら、多くのアスリートも労いのメッセージを送っていた。

 世界ランキング1位にも輝きながら、31歳にして早すぎる決断を下した宮里。競技は異なっても、スポーツ界に残した足跡は大きかったようだ。