「リカちゃん展」大阪うめだ阪急で誕生から現在まで約580体のリカちゃん人形展示

写真拡大

「誕生50周年記念 リカちゃん展」が、2017年10月25日(水)から11月6日(月)まで大阪・阪急うめだ本店にて開催される。

1967年に誕生し、今年で50周年を迎える着せ替え人形「リカちゃん」。彼女は最先端のファッションに身を包み、これまで4代にわたってモデルチェンジを遂げ、時代とともに変化する女の子の夢や憧れをかなえ続け、現在も三世代にわたって愛されている。

東京・松屋銀座と、名古屋・松坂屋にて開催された人気企画の巡回展となる「リカちゃん展」。テーマは「Licca meets Licca」だ。リカちゃんやその家族、友達を当時の流行ファッションとともに約580体の展示で紹介する。誕生にまつわる開発ノートや歴代のリカちゃんハウスなど貴重な資料約70点、ブランドや著名人50組が50周年を祝う特別な人形も展示。初代から続くさまざまな時代にタイムスリップしながら楽しめる展覧会になっている。

また、初代リカちゃんをオマージュした人形「誕生50周年記念 リカちゃん展 限定リカちゃん」など、展覧会オリジナルグッズ約300種類を販売。ファンにはたまらない展示となりそうだ。

【開催概要】
■誕生50周年記念 リカちゃん展
会期:2017年10月25日(水)〜11月6日(月)
会場:阪急うめだ本店 9階阪急うめだギャラリー
住所:大阪府大阪市北区角田町8番7号
開催時間:日〜木 10:00〜20:00、金・土 10:00〜21:00
※最終入場は閉館時間の30分前まで。
※最終日は18:00閉場。
入場料:一般 800円、大高中生 500円
※価格は全て税込み。小学生以下無料。

【問い合わせ先】
阪急うめだ本店
TEL:06-6361-1381


[写真付きで読む]「リカちゃん展」大阪うめだ阪急で誕生から現在まで約580体のリカちゃん人形展示

外部サイト

  • 「オトナの黒ハロウィン」ジェイアール京都伊勢丹で開催、目玉モチーフのケーキなど限定スイーツ多数
  • 大阪・うめだ阪急のクリスマスイルミネーション「光のヒンメリ」全長8mのミラーボールが幻想的に光を放つ
  • 野外シネマイベントが虎ノ門ヒルズで、ソフィア・コッポラ監督作『マリー・アントワネット』など上映