「まるで別人」と司会の夏目三久が示したのは、ゴルフ界のスーパースターだったタイガー・ウッズの昔と今の写真だ。ウッズは米カリフォルニア州で29日(2017年5月)、飲酒または薬物を飲んで車を運転した疑いで逮捕された。拘置所から数時間後には釈放されたというが、撮られた写真はやつれ、頬がたるんで、往時の面影はなかった。

ウッズはツアー通算79勝、メジャー14勝、マスターズ最年少優勝を果たし、生涯獲得賞金が1億ドル以上といわれる伝説のゴルファーだ。ところが、2009年に起こした交通事故から夫婦げんかが報じられ、その原因の女性関係がメディアにあふれ出す騒ぎになった。

不倫、離婚のあと不振のゴルフ

不倫騒動はウッズが浮気を認めた後も鎮静化せず、不倫相手の顔を描いたゴルフボールまで登場した。「周りの誘惑はごほうびと思っていた。愚かものでした」と家庭生活の修復を図ったが、結局離婚。近年は腰痛のため、ツアーにも不参加。4月に手術を受け、「もう一度、プロフェッショナルなゴルフをしたい」とリハビリに励んでいたという。

写真を見た松木安太郎(サッカー解説者)「びっくりしましたね。応援していたが、こんなに変わるとは」

司会の夏目三久「まだ41歳なんですよ。今回の逮捕に、どんな態度をとるかが待たれます」