すでに2020年の東京大会までオフィシャルタイムキーパーを務めることが決まっていたオメガですが、この度、その契約が2032年まで更新されました。その記者会見の模様と合わせて、オメガとオリンピックの歴史に触れていきます。

 

オメガとオリンピックの関係は1932年にさかのぼる

オメガとオリンピックのパートナーシップは、1932年のロサンゼルス大会から始まりました(今回の契約延長の最終年となる2032年は、まさに100周年となるわけですね)。

 

そこから4年に1度のスポーツの祭典で、オメガは実に27回もの大会でオフィシャルタイムキーパーを務めてきました。

 

 

その間に開発したのは、スターティングピストルや競泳用タッチパッド、1秒間に1万フレームのデジタル画像を撮影できる写真判定カメラ「スキャン Oビジョン ミリア」など、いずれも時代の最先端をいく計時装置ばかり。

 

もはや、オリンピックにオメガのシステムは欠かせないものとなっているわけです。

 

2032年までの継続はオメガが最初

 

これほど長い期間、将来的な契約を結んだのはオメガが初めて。これは、互いの良好な関係の何よりの証明と言えるでしょう。

 

今回の発表は、スイス・ローザンヌにあるオリンピック ミュージアムにおいて、スウォッチ グループCEOのニック・ハイエック氏、オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマン、およびIOC会長のトーマス・バッハ氏によって行われました。

 

以下、記者会見でのスウォッチ グループCEOのニック・ハイエック氏のコメント:

「オリンピックは世界で最も心を揺さぶられるイベントのひとつであり、オリンピックのメダルはスポーツに関わる者にとって究極の夢です。スポーツを通じた結束というオリンピックのメッセージは、世界中の人々の心を引きつけてやみません。人々はさまざまなメディアを通して競技を観戦し、お気に入りのアスリートを応援します。1932年以来、オメガは光栄にもこうした感動の一翼を、メダルの色を分けるコンマ1秒、たった数ミリを計測することで担ってきました。この伝統を、オメガがオリンピックとパートナーシップを結んで100年となる2032年まで継続することを喜ばしく、また誇りに思います」

 

IOCトーマス・バッハ会長のコメント:

「オメガはスポーツの計時における世界的なリーダーであり、2032年まで契約が延長されたことで、信頼性の高いオメガの専門技術をオリンピックのアスリートたちに引き続き提供できるようになります。2032年はオメガの計時機器が初めて使用されてから100年となる重要な節目の年です」

 

 

一気に12年もの単位で契約を延長するというのも驚きですが、何より驚くのはやはり両者の100年という歴史でしょう。オリンピックの成功の裏にオメガあり。時計界を代表するブランドが広く世界で活躍することは、時計ファンにとっても嬉しいことですね。