イベントの様子(所属事務所提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の俳優、コン・ユさんが27日にソウル市内の成均館大でチャリティーオークションを開催し、全国から集まった約700人のファンと触れ合った。所属事務所が30日伝えた。

 髪を短く切って登場したコン・ユさんは、ファンに「イベントに参加してくれて感謝する」と話し、「昨年から今年初めまで忙しく活動したが、たくさんのファンが応援して下さりありがたい」と伝えた。
 コン・ユさんはドラマ「鬼(トッケビ)」(原題)で着た後に買い取った衣装や、映画「サスペクト 哀しき容疑者」のプロモーションでバラエティ番組「ランニングマン」に出演した際に着用したダウンジャケット、自身が最も気に入って部屋に飾っていたという額入りの写真、スピーカーなどを出品した。
 激しい競争の末に落札したファンらは、舞台の上でコン・ユさんと握手やハグをして思い出を作った。
 イベントの司会はコン・ユさんの軍服務時代の後輩でもあるコメディアンのホン・スンモクさんが務め、歌手のサム・キムさんも出席して「鬼(トッケビ)」の挿入歌を歌った。オークションの収益金は寄付される。
ynhrm@yna.co.kr