ハリー・スタイルズ、爆発事件の被害者に電話

写真拡大

ハリー・スタイルズが、英国マンチェスターで起きた爆発事件で重傷を負った14歳の少女へお見舞いの電話を入れたそうだ。

◆ハリー・スタイルズ画像

Freya Lewisさんは、同級生とアリアナ・グランデの公演を観に訪れ、コンサート終了後、迎えに来た父と合流しようとした際、被害に遭った。彼女は多発性骨折、裂傷、火傷などを負い、10時間以上におよぶ手術を受けた。残念なことに、同行していた友人のNell Jonesさんは亡くなったという。

Freyaさんが通う学校では、彼女の経過を伝えるブログを開設。土曜日(5月27日)、彼女の意識が戻り、ハリー・スタイルズから電話があったと伝えた。「電話が鳴り、ハリー・スタイルズからだった。Freyaが目覚めた。ハリーは彼女へ愛していると伝え、彼女も彼に愛していると話した。(Freyaさんの)父もハリーに愛してると言っていた! 病院の集中治療室は想像を絶するほど明るくなった!」

Freyaさんはこの先もいくつか手術を受けなければならないという。Freyaさんの姉は、ハリーをはじめ、妹を支援してくれる人々みんなに感謝するとのメッセージをSNSに投稿した。

マンチェスター・アリーナで起きた爆発事件では22名が死亡。その中の10名が20歳未満の少年少女たちだった。

Ako Suzuki