首席補佐官会議に出席する文大統領=28日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、閣僚候補4人を指名した。

 行政自治部長官候補には与党「共に民主党」の金富謙(キム・ブギョム)国会議員(59)、文化体育観光部長官候補には同党の都鍾煥(ト・ジョンファン)議員(61)、国土交通部長官候補には同党の金賢美(キム・ヒョンミ)議員(54)、海洋水産部長官候補には金栄春(キム・ヨンチュン)議員(55)を指名した。
 文大統領は今月10日に就任後、首相や経済副首相兼企画財政部長官、外交部長官、国家情報院長などの候補を指名している。首相の就任には国会の同意が必要で、閣僚も国会での人事聴聞会を経る必要がある。
 文大統領が指名した首相候補の李洛淵(イ・ナクヨン)氏ら3人をめぐり、実際に住んでいない場所を居住地として届け出る偽装転入などの問題が浮上し、人事原則に反するとの議論が巻き起こって以降、人事を発表するのは初めて。
 文大統領は29日、偽装転入、兵役逃れ、不動産投機、脱税、論文盗用に関与した人は高官に任用しないという人事原則を重ねて表明した上で、原則に反しているとの議論に対しては国民と野党に理解を求めた。
kimchiboxs@yna.co.kr