iPhone 8の未確認情報を『Twitter』に投稿している@VenyaGeskin1が、iPhone 8の3Dモデルと思われる画像を新たに公開しました。

iPhone 8は画面にTouch ID内蔵か

@VenyaGeskin1が公開した画像を見る限り、指紋を読み取るTouch IDセンサーは背面に搭載されていません。表面にもホームボタンやセンサーらしきものは見当たらないことから、当初の噂通り、Touch IDセンサーは画面に内蔵されるようです。

また、iSightカメラは縦に2つのレンズを搭載しており、その間にTrue Toneフラッシュやマイクが搭載されるように見えます。

表面には薄いオレンジ色で線が描かれています。これは画面とボディの境界線を示しているものと思われます。『iPhone 7』と比べ、画面を囲む縁は薄いように見えます。

背面に描かれている「◯」はAppleロゴ、長方形は「iPhone」の文字が入る位置を示していると考えられています。

とはいえ、この3Dモデルの出所が不明なので、これが本物のiPhone 8の姿を反映したものとは限りません。

アクセサリ製造企業がケースを設計するために噂を元に制作したものかもしれず、Apple製品の噂を扱う大手サイト『9to5Mac』も確かな情報としては扱っていません。

iPhone 8のTouch IDセンサーの位置をめぐっては、画面内蔵型ではなく背面に搭載するという噂・設計図らしきものも公開されています。これについて@VenyaGeskin1は、このタイプのiPhone 8は初期の試作品だと指摘しています。
→ Touch IDを背面に搭載した「iPhone 8」が流出

参考

Latest iPhone 8 schematics and case leaks corroborate full screen face and vertical dual-camera design | 9to5Mac@VenyaGeskin1 - Twitter