金正恩・朝鮮労働党委員長(CG)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全6枚)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、新たに開発した精密誘導システムを導入した弾道ミサイル実験を行ったと報じた。前日の弾道ミサイル実験を指すとみられる。

 通信は「精密操縦誘導体系を導入した弾道ロケットを新たに開発し、発射実験を成果的に行った」と伝えた上で、開発は金委員長の指示で行われたと明らかにした。誤差7メートルで目標地点に命中したとしている。金委員長は性能などに満足感を示したという。 
 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は前日早朝に南東部の江原道・元山付近からスカッド系列とみられる弾道ミサイルを発射した。飛行距離は約450キロと分析された。
csi@yna.co.kr