「iPhone8」用ケースの、初期のリーク情報に基づくとみられる試作品の画像が公開されました。Appleロゴが配置されるとみられる位置に指紋認証センサーTouch ID用の穴があり、縦に長すぎるカメラ用の穴が目につきます。

以前の情報をもとに制作された「iPhone」ケースか

先日も「iPhone8」用ケースの動画をご紹介しましたが、今回の「iPhone8」用ケースは、やや古い情報に基づいて製作されたようです。なお、画像の左はiPhone7 Plus用、右はiPhone7用のケースが比較対象として置かれています。
 
オランダメディアTechtasticによると、画像にあるメーカー不明の「iPhone8」用ケースは「最近のCAD画像」に基づいて製作された、とされています。
 
しかし、背面にあけられたTouch ID用の穴は、AppleがTouch IDセンサーを有機EL(OLED)ディスプレイに内蔵させるうえで技術的問題が生じており、背面に移設されるのではないか、と噂されていた時期の情報を反映しているとみられます。
 
また、デュアルカメラ用の穴が縦に長くなっているのは、LEDフラッシュやマイクの位置が、iPhone7 Plusと同様にカメラレンズの外に配置されるとの予測によるようです。

Touch IDのディスプレイ埋め込み成功との報道も

最近の報道では、AppleがOLEDディスプレイへのTouch IDセンサーの埋め込みに成功したことを「iPhone8」用A11チップの製造を担当しているとされるTSMCが明かしており、背面にTouch IDセンサーは搭載されない、という観測が最近の主流となっています。
 
また、最近流出が相次いでいるCAD画像では、LEDフラッシュはデュアルカメラレンズの間に位置するものが主流となっています。

 
とはいえ、いずれも噂や非公式情報にすぎず、「iPhone8」という名称も実際に使われるかは分かりません。正確な情報は9月とみられる発表・発売まで、あと3カ月半ほど待つ必要があります。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)